*ご予約・お問い合わせ*

妊娠性歯周炎とは|すみれ歯科日本橋クリニック

診療コラム

妊娠性歯周炎とは

診療コラム 

妊娠中はお口のトラブルが多い時期

原因
1、ホルモンバランスで唾液が粘り、食べカスが残りやすいから。
2、唾液が酸性に傾き、口の中で細菌が増えやすいから。
3、食事の回数が増えて、口の中が汚れやすいから。
4、つわりなどで歯磨きがしたくなくなるから。

注意
妊娠性歯周炎の妊婦さんは、そうでない妊婦さんに比べて、流産や早産の可能性が高いと言われています。
喫煙やアルコールによる悪影響はよく知られていますが、歯周炎の悪影響は7倍にもなります。

ホルモンの影響と言えども、やはり、お口の中を清潔に保つことが一番良い対処法です。
必ずしも起こるというわけではないので、適切なブラッシングを心がけましょう。
歯ブラシをお口の中に入れるのが気持ち悪かったら、ブクブクうがいでもOKです。

 

大切な母体の健康を守り、口臭の原因をなくして健やかなマタニティライフを過ごしましょう。

ページトップへ戻る